福岡市の中古戸建ての売却に成功した伏見様。この案件は隣地者との境界ブロックについて問題がありました。

問題解決するまでの流れ、解決に必要な柔軟性とスピードについて参考になるインタビューとなりました。

 

不動産無料査定申し込みはこちら
STEP1都道府県を選択
STEP2市区町村を選択

借家にしていた戸建を売却した経緯について

不動産売却を考えた理由をお聞かせください

伏見様:50~60年前に両親が住んでいた家を数年前まで借家にしていました。借家の賃貸借契約が切れ、退去した後もそのまま放っておいたのですが、いよいよ売却をしなければと思い実行しました。

 

なぜ当社に依頼をしていただけたのですか?

伏見様:隣人が知り合いだったこともあり、購入してくれないかと直接相談を持ちかけてみようと考えました。
話が上手く進んだ場合、個人間で売買が成立するとしても仲介業者を入れた方が間違いや揉め事が無く進められるだろうと思いました。
また、売主・買主が決まっている場合は、仲介手数料も交渉出来るだろうと考え、売却する経費を軽減することも出来たら一石二鳥だと思いました。

そこで、どの仲介会社に頼むか考えたところ、大手の会社であれば私の考えや取引中の細かい要望等に何かと融通が利かないだろうと思い、中小企業で柔軟性を持っている会社にしようと考えました。

不動産一括査定サイトを利用して御社を知りました。

 

実際に依頼していかがでしたか?

伏見様:4社に査定依頼をしてその中から御社を選び、媒介契約を結びました。とても丁寧な査定書を作っていただき、納得して媒介契約を結びました。

 

隣地の方との境界ブロック塀のトラブルが発生

トラブルのイメージ画像

今回の取引の重要なポイントは何でしたか?

伏見様:関係者(売主、買主、隣地関係者)との約束事項には、必ず書面にて署名・捺印をもらって実行することでした。
取引を進める上で、隣地の境界上にあるブロック塀(境界線がブロックの中心だった)を撤去することに問題が生じました。
古家が建っていたので、引渡しまでに売主が解体を完了するよう定めており、当初は家屋のみを解体し、隣地境界物については現況有姿で取引を進める予定でした。

しかし、隣地境界線上にあるブロック塀の共有者から経年劣化でブロック塀がグラついて、傾いているためお互いに費用を出して取り壊さないか?”と売看板を見て山野さん宛に相談の電話があったのが事の始まりでした。

 

その問題点を詳しく教えてください

伏見様:問題は、ブロック塀の撤去費用と新しく設置するブロック塀についてどのように進めるかが重要でした。

既存ブロック塀の撤去費用は、決まっていた家屋の解体費用に含めて撤去をしてくれるよう調整していただき、撤去後の新設ブロック塀については、買主が既存ブロック塀が古くて危険があるなら家の新築工事と合わせて新設することを賛成したため、既存ブロック塀の解体を実行するように決まりました。

引渡し日まで残すところ10日間となり、関係者全員が納得したため、担当の方は引渡し日までに完了させるよう、業務効率を上げて作業に着手しようとしていた所でしたが、少し引っ掛かることがあったため、(少し大げさかと思いましたが)既存ブロック塀の解体作業・工程について関係者全員から書面にして署名・捺印をもらってから実行するようにお願いしました。

それから担当の方に書類を準備していただいて、(相談して1日で作成していただいた柔軟性に好感を持ちました。)
隣地者に工事内容の説明をして、後日改めて書類を作成して署名、捺印を請求したところ、隣地者は「このような大げさな文面ではサイン・押印は出来ない」「そもそも、私はこんなこと(解体して欲しい)は言っていない」等、当初話していたことから180度変わった事を言い始めました。

 

その後、問題解決に取り組んだ決め手を教えてください

伏見様:買主様に解体すると伝えた手前、何とか調整できるよう担当の方にお願いして隣地者が望むような柔らかい文面へ作り直したり、買主様への了解をもらう等、担当の方には各関係者のところを何往復もさせてしまい、予定していない事をお願いして申し訳ない気持ちで一杯でした。

最終的には、この取引自体が白紙になることまで覚悟しましたが、無事に話がまとまり、既存ブロック塀を解体することになり、取引を完了することができました。

私は、不動産取引や契約書を作成することが多い仕事に従事しているため、普通の人が気づかないことに引っ掛かっただけで、そこまで必要か?と思うこと部分もあったかと思います。

しかし、人の気持ちは思いがけないことですぐに変わるため、何事も書面(議事録や覚書・念書等)に残すことや万全の準備が必要だと改めて感じました。

 

信頼できる不動産会社の選び方

伏見様が考える信頼できる不動産会社の特徴を3つ挙げてください

①柔軟性
②フットワークの軽さ
③正直者なところ

 

これから不動産売却を考えている方に一言お願いします

伏見様:売却の経験が無い方は勿論ですが、不動産は高額であり、大事な資産を取り扱うため大手企業に任せる方が安心だと思いがちですが、大手企業が良いとも限りません。

完成した製品を購入するならばどこで買おうと一緒だと思いますが、こういう取引は形が無いものなので“人”で判断すべきだと思います。

大手企業でも有能な人もいれば無能な人もいます。中小企業も同じことが言えますが、柔軟性に着目して考えると一変通りの型にはまった大手企業の方が劣ると思います。

今回の不動産会社の担当者は柔軟性が高く、対応も早くてとても満足しました。また、会社の信用度にいまいち自信を持てない場合は、媒介契約期間は3ヶ月以内と国土交通省で定められているため、販売途中で上手くいかないと判断したら更新せず解除することができます。(途中解除も可能です。)

媒介会社(仲介会社)は、媒介契約が切れるまでに何とか売りさばこうと取り組むため、売り切る姿勢や販売状況の報告等で安心して任せられる会社かどうかの良し悪しを判断できると思います。

私は、今回の取引で柔軟性と対応のスピードを持ち合わせた企業が大変親切で満足しました。後は、任せっきりにせず、自分自身もしっかりと協力して進めることが重要だと思います。

 

不動産無料査定申し込みはこちら
STEP1都道府県を選択
STEP2市区町村を選択