販売期間わずか2週間!相続不動産の早期売却事例【福岡市南区】

相続した不動産(福岡市南区)の売却を売る研に任せていただいたU様。
ご自身でインターネットで不動産売却の方法を調べていた際に売る研を知り、お問い合わせいただきました。
初めての相続、不動産売却ということもあり、最初は不安だらけだったそうですが、売る研の記事を徹底的に読みこみ、とても勉強されていました。
初めてお会いした時には不安もほぼ解消されており、スムーズな不動産売買取引となりました。
これから初めて相続、不動産売却をする方にはとても参考になるインタビュー記事となっております。

福岡市・春日市・那珂川市・大野城市の不動産売却なら【売る研】の無料査定へ

不動産を売ろうと思ったきっかけ

まずは売却しようと思った理由を教えて下さい。

【売主:U様】母からこの不動産を2年前に相続して登記が終わると、すぐに4,5社くらいからDMがきました。
なんでわかるんだろうってビックリして法務局に電話で聞いたら、そういう情報は誰でも見れるってことを知って何か怖いなぁって思いました。
それでも、売ろうと思っていたので何社かに査定を依頼しました。そのうち積極的だった1社に売却(専任媒介)をお願いしました。

売る研を選んだ理由

売る研はどうやって知りましたか?

【売主:U様】1社に売却を依頼していましたがなかなか売れなかったので、インターネットでいろいろ調べていたら「売る研」のサイトを見つけました。
たしか「不動産 売れない」「不動産売却 媒介」で検索したような気がします。その中の記事で「専任媒介よりも一般媒介がおすすめ」と書いてあったので、お願いしていた不動産会社の3カ月の専任媒介契約が切れるタイミングで、毎日リビングさん(売る研運営会社)に問い合わせしました。
最初に依頼していた会社には「専任が一番早く高く売れます!」と言われていたので、正直半信半疑な部分がありました。実際にお会いした時に山野さんに専任媒介のメリット・デメリットをご説明いただき、デメリットの部分に当たってしまったんだなぁと思いました。
山野さんが自己の利益ばかり考える方ではなく、売主はもちろん、第三者的な立ち位置の意見を話してくださり、裏表なく話してくれる方だと思い、信用できるなと感じたので媒介契約を締結していただきました。

売る研について

不動産会社に依頼するところから成約に至るまでのプロセスで悩みはありましたか?

【売主:U様】最初に依頼していた不動産会社は媒介契約後、決められた報告回数(2週間に1回の頻度)はありましたが、事務的というか、売ってやろうという気持ちが伝わらない連絡でした。
相続をして不動産売却が初めての経験で不安だらけだったので、素人が不安にならないような提案等をほしかったですね。しかも担当の方が新人さんだったみたいで、「大丈夫かな~」という不安がありましたが、会社の規模もそこそこあったので周りの方がフォローするだろうと勝手に思っていましたが、最後まで満足いく内容になりませんでした。

そういう状況の中で、他の不動産会社を探そうと思い、たまたまインターネットで「売る研」を見つけて自分で調べれるものは調べようと思って、いろんな記事を読みました。
ちょうど【はじめての不動産売却】という記事がアップされていてとても参考になりましたね。不動産売却の流れに沿った記事だったので読みやすかったです。
冒頭に「ブックマークしてください。」って書いてあったのですぐにブックマークしました(笑)

売る研のサービスでよかったものは何ですか?

【売主:U様】主な連絡手段がスマホでLINE(アプリ)のやり取りができたことですね。前の不動産屋さんは電話をされてきて、日中は仕事をしているので電話ではなかなか連絡がとりずらかったのですが、山野さんとのやり取りはメールやLINEで質問したり、報告をうけたりできたのが大きかったですね。

時期的に、芸能界等でLINEの情報漏洩が問題になっていたため、セキュリティを心配していましたが対策も万全とのことで、会社専用のIDということで情報漏洩の心配もないこと等を最初に説明してもらえて、安心してやり取りができました。

一番のメリットは、メッセージを送ったらちゃんと読まれているか確認できることですね。
メールだと迷惑フォルダーに届いていたり、送っても読まれているのかわからなかったり、電話ではその時は覚えていても後々に忘れていることもありますよね。
LINEだと既読機能があるため、お互いが伝えたいことを適切に伝えることができるため、今回の取引がズムーズにできた役割のひとつですね。

当社と媒介契約後、1ヶ月以内で成約に決まりましたが、率直な感想を教えてください

【売主:U様】土地の形状があまり良くないということで、もう1社の方には少し時間がかかると言われていたので、最低でも半年くらいはかかるのかなぁという感覚でした。
そしたら、2週間くらいで山野さんから申し込みが入ったと連絡があったので正直びっくりしましたね。
最初に依頼した不動産会社と比べて、不動産会社によってこんなに違うんだ~と家族と話していました。

【売る研:山野】福岡市南区は私の得意エリアだったので早く決める自信はありました。
現在も、南区や春日市、那珂川市で購入希望者の方が多数おられるため、売却開始から1カ月で成約になる確率は高いです。
そして、今回ご購入いただいた方もそうですが、こういう住宅街の戸建て用地は土地代だけで決めるよりも、建物との総額で購入を検討する方がほとんどです。
広告方法においても、ある程度の建築予算と併せてローンを組んだ場合の毎月の支払総額や、企画住宅の建築パースを準備する等をして購入者が決断していただいたのが、早期売却につながりました。

売却を成功させるためには情報収集が大事

最後に今回の経験をふまえてこれから不動産売却を考えている方にアドバイスをお願いします。

【売主:U様】私もそうですが普通の人は、相続や不動産売却って最初で最後の経験だと思います。
何も知識がないまま不動産会社にお願いするよりは、売る研を見て事前に売却の流れとかどんな書類が必要なのかとか、そして売ったあとはどんな税金がかかるかなどを一通り学んでおくことが大事だと思います。
不動産会社選びも重要だと思います。会社選びにも、こちらが最低限の知識がないと判断基準がない。そうならないためにも、情報収集が一番大事だと思います。

あと、今回相続登記を自分でやったんですけど、両親の本籍地の役所に何度も出向いて大変でした。今考えたら、最初から不動産会社に相談しておけばよかったなと思います。
今回は毎日リビングさんそして、山野さんに不動産売却をお願いして本当に良かったです。ありがとうございました。