建物付き土地の財産整理売却事例(春日市桜ヶ丘 城戸様)

建物付土地の財産整理売却事例(春日市桜ヶ丘 城戸様)

2017年8月に春日市桜ヶ丘の建物付土地の売却をお任せいただいた城戸様。叔母が介護施設に入所し、自宅が空き家になっていたため現金化することになり代理人として売却された城戸様にお話しを伺いました。

空き家になった建物付き土地を売却された経緯について

売却を考えた経緯を教えてください

城戸様:叔母も高齢になりましたし、本人が一人暮らしで非常に不安があるということで、施設に入ってもらうことにしました。あの地域は空き家も多く、不動産屋さんの誘いも多かったんですけれども、たまたま毎日リビングの山野さんが親切に手紙で「相談にのります」ということをいただいたので、一度話を聞いてもらおうかなということでお声かけしました。山野さんの手紙は、地域に密着されていて、よくその場所のことを書いてありましたから、非常にわかりやすかったですね。

当社を選んだきっかけ、査定書の内容について

---山野:お話をうかがったときに、もうすでに大手2社から査定書をもらっていたということですが、当社を選んだ理由をお聞かせ下さい。また、査定書の内容はどうでしたか?

城戸様:そうですね。地理的評価とか、そういうことよりも現場の長所、短所を文言で書いてもらっていたから良かったです。やっぱり自分が気にしていること、叔母が気にしていることを、はっきりよく調べていただいていたから、整合性がありますよね。一般的に売り主、私どもに沿っていただいた評価をいただいたかな、と思いますね。

---山野:当社の査定書も元々は大手のような数値化をしていたんです。査定書作成システムがあって、道路の向きとか面積とかを入力すると簡単に出ます。でもそれって相場価格と結構離れるんですよね。ここの学校区が人気だとか、地名が人気とかあるわけなんですよ。

城戸様:(人が判断する人気の事など)それはそのシステムには反映しませんよね。

---山野:はい。また、数字がいっぱいあって価格、坪単価は載っていますが「…これが根拠だな…」、で終わっちゃうんです。もっとシンプルにできないかな、わかりやすくできないかなと思って、今のような査定書を作らせてもらって、買取価格とか、チャレンジ価格というのを設定するようにしました。
どうしても業者側のプロの目で見た価格をご提案しないといけないんですが、それでさらに「(最高価格は)これくらいだったら売れますよ」というのも提示しないと、売り主さんの気を引かないかなというのも感じています。他でやってないことと、僕らが得意なエリアで本当のことを書く、というところをチャレンジ価格に入れるようにしているんです。

城戸様:それ(人間力)はお得意だと思いますから、大手にはそこらへんはわからないでしょうね。

毎日リビングについて

当社に求める事、販売活動について

---山野:城戸さんが当社に対して求めるサービスとか、良かったことは何でしょうか?

城戸様:山野さんの人柄、まじめなところ。私もどうしても営業畑で育ったもので、調子よく商品をおすすめするということに対して、すごく嫌悪感を抱く方なんです。だから、どちらかというと、口数が少ない職人肌のほうが、個人的には魅力があります。山野さんのような百戦錬磨を経てきた人の満ち溢れた自信、人間性に魅かれたのは確かですね。

---山野:ありがとうございます。
お打合せを重ねて、売り出し価格が決まりますと基本的に7日以内にインターネットに掲載したり、チラシ配布をしたり活動します。平均すると、1ヶ月半前後で成約になります。
ただ今回は、ネット掲載やチラシ配布などの営業活動をする前に決まりました。人気のエリアということもありましたが、金額の打ち合わせをして、そこから僕が、今までいたお客様とか、取引が長い住宅会社の営業さんとか、建売業者さん等に情報発信をして一番早く連絡をいただいたので4日目ぐらいでした。それが、金額や売却条件の交渉もない内容でした。

城戸様:山野さんから「もう買いたいっていう人が現れました」と言われたとき、「ひょっとしたら、はめられたかな?」という気もしたんです(笑)。もうすでに筋書きのできたストーリーに私ははめられたんじゃないかなと一瞬思ったけども、売却内容に納得していたので別にそれでもよかったですけれどね(笑)。

---山野:そんな筋書通りの営業が出来れば嬉しいです。しかし、そうはいかないです。すべて真実です(笑)。
正直なところ、僕は(商談に入るまで)2ヶ月くらいかかるかなって思っていました。相場から1.2倍以上の価格設定であることから、問い合わせはたくさん来ても、最終的に見送りになる人が多いのかなと。

現に、他でもそういう物件が4ヶ月残っていたりします。そうならないように、最初が肝心だと思い、他の土地を案内したお客様に声をかけましたら、ちょうど他の土地で購入を逃した直後ということもあり、一目惚れされてすぐに気に入っていただきました。「元々、桜ヶ丘が一番よかったんだよ」って言われて、すぐに申し込んでいただきました。

城戸様:買主さん夫婦は本当にいい方でしたね。今月に第2子が生まれるということで希望に満ち溢れていましたね。本当に大事にしていた土地を自分がいいと思った人に譲れるのはいいですよね。

販売状況報告書について

---山野:販売時期が短かったため、回数は少なかったですが販売状況報告書についていかがでしたか?

城戸様:あれはとても助かりました。経過が見えないのは、やはり素人としては不安ですよね。誰も買主がいらっしゃらないとしても、山野さんから見放されてるんじゃないかという不安がなくなってよかったです。「こんな小さな物件ほっとけ」って社長が言ってるんじゃないかと、連絡がないと不安ですからね。きちっと山野さんが最初からそういう報告書を出しますということを言われていたから、よかったなと思ってます。

---山野:今回も契約から引渡まで3ヶ月あったので、難しくない内容だったから、正直、報告が必要な内容はなかったですが、ないなら「ないです。順調です。」という内容を送ることも必要だと考えており、報告書の送付を続けていました。

城戸様:その通りだと思います。ありがとうございます。助かりました。

これから売却を考えている方に一言お願いします

---山野:不動産売却で城戸さんが得た教訓はありますか?

城戸様:私は名義人の代理ですので、家族の意思を尊重する、より尊重してあげないと売却って難しいかなと思います。本人がちょっとでも嫌な顔をしたり、「それはちょっと譲れない」ということを言えば、はっきり第三者を通してきちっと動産(現金など)に代えたほうがいいかなと考えます。
本人の感情を尊重する、ような部分はありますね。特に、高齢で物事への執着とか、思考が錯乱しているような年になってくると、いつまでもしこりが残る本人の気持ちはかわいそうです。かわいそうというか、よくないかなと思いますね。だからすっきり、「よかった、片付いた」という表現で終わってよかったと思います。

---山野:本日はありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

売却インタビューをした城戸様と撮影

▲城戸様と記念撮影

春日市桜ヶ丘で売却した建物付土地

▲売却中の物件全景(解体前)

春日市桜ヶ丘で売却した土地(解体後)

▲成約後の物件全景(解体後)

福岡で地域密着36年!
売主目線で不動産売却を支援いたします。

毎日リビング株式会社スタッフ写真
毎日リビングは、福岡市南区で昭和57年に創業して以来、地域の皆様方と手と手を取り合いこれまで成長してきました。
大手企業には真似できない対応力、機動力、そして地元企業だから分かる地域の特性や地元民しか知らない情報をお客様へお届けいたします。

お電話での問合せ

受付時間/平日9:00~18:00