【初心者向け】福岡で土地を売るときに抑えておきたい5つのポイント

福岡は近年人口が増えつつあります。
それに伴って不動産の売買市場にも動きがあり、土地の価格である地価も上昇が続いています。

初めて福岡で土地を売却される方、売却をお考えの方のために、初心者向けの土地売却の5つのポイントを解説いたします。

土地がいくらで売れるか相場を確認する

「実勢価格」と「公示地価/基準地価」の2つを確認しよう

最初に、自分の保有する土地がいくらくらいで売れるのかを把握しておく必要があります。

実は、土地には5種類の価格が存在します。
「実勢価格」「公示地価/基準地価」「相続税評価額」「固定資産税評価額」「鑑定評価額」の5種類です。

それら5種類が、すべて同じ価格で一致することはまずありません。

土地の売買については、実勢価格を用いることがほとんどになるため、その価格ともう1つ、「公示価格/基準地価」を確認しておくと良いでしょう。

実勢価格は、実際に不動産市場で取引されている価格であり、「相場」そのものといえます。
それまでの取引事例から得られる価格であり、現状の取引価格に近いものです。
しかし、売却する土地の地域の取引件数が少ない場合は、相場としての精度が低いことがあります。

そこでもうひとつ公示価格/基準地価を参考にします。
これは国または都道府県が公表している価格です。
不動産市場での取引においても売買価格を設定する際の参考にされることが多く、公的な指標とされています。
それらは、インターネット上の「全国地価マップ」等で確認できます。

参考:全国地価マップ https://www.chikamap.jp/chikamap/Portal?mid=216

相場の価格を知っておく必要性

この相場の価格を知らなければ、不動産仲介会社が提示する価格が、果たして相場に基づいた正しい価格なのかどうかを判断することができません。

もちろん、その土地の形状や面積、更地なのか古家等の建物付なのか、条件によって査定価格が変わってきますが、相場の価格に比べて極端に開きがある場合は、その理由を説明してもらう必要があります。

そのことも踏まえて、あらかじめ自分の土地の相場価格を把握しておいたほうが良いでしょう。

可能な範囲でいいので、土地をきれいにしておく

更地の場合は、放置している間に雑草が生い茂っていたリ、粗大ごみなどが投棄されていたり、荒れていることがあります。

また、柵やロープを張るなどしていないと、近隣の住人が無断で駐車場代わりに使っていることもあります。

不動産仲介会社が現地に査定に来る前に、できるだけ土地の整備をしておきましょう。
ゴミが投棄されていたなら、処分します。
雑草が生えている場合、自分で処理できる程度は草刈りをします。

自力で無理ならば、その対処を行う業者があるので、依頼しましょう。
費用はまちまちですので、数社に見積もりを取ってみることをおすすめします。

駐車場代わりに使われている場合、その車に貼り紙をするなどして移動を促します。

また、簡単なものでいいので杭を打ってロープを張るなどして、自由に立ち入りできないようにしておきます。
それによって、管理者がいて、定期的に管理がなされているものと思われ、無断立入もなくなるでしょう。

ゴミだらけ、雑草だらけの土地は、その処分費用を査定額から減額されることもあります。

複数の仲介会社に価格を査定してもらう

その土地がいくらで売れるのか、売却価格の査定は複数の不動産仲介会社に依頼しましょう。

まず、インターネット上で一括査定ができるサイトなどもありますので、それらを利用します。
査定は無料ですので気軽に利用しましょう。

宅地建物取引士 山野
この「売る研」を運営している毎日リビングでもインターネットでの無料査定を行っています。査定はこちらから。

ここでわかることは、不動産仲介会社によって査定価格がまちまちになることです。
大きな差が生じることはほとんどありませんが、それぞれの会社によって独自の査定基準があったり、その地域を得意としているため、高い査定額を提示するなどの事情があったりもします。

高い査定額を提示する会社がいい会社だとは限りませんが、何らかの根拠があって高い価格を提示されているのであれば、売却を依頼するのも良いでしょう。

また、一括査定サイトを利用するほか、そこに登録されていない会社にもできるだけ多く査定を依頼しましょう。

不動産仲介会社は福岡県内だけでも実に多数の会社があります。そのすべての会社に依頼をすることは不可能に近いのですが、できるだけ多くの会社に依頼すべきです。

特に、その土地の近隣の会社にはまんべんなく、会社の規模に関係なく依頼しましょう。

売却を依頼する仲介会社は、担当者で選ぶ

営業担当者選びは重要なポイント

土地をはじめとする不動産の売却においては、信頼できる担当者を選ぶことが重要なポイントになります。

不動産の売買では大きな金額が動きます。
売買を仲介する会社も、その取引において、多額の仲介手数料を得ることになります。

そこで、会社によっては、営業社員に取引件数や取引額に応じた歩合給を支給しているところも多くあります。
営業社員によっては、営業成績を上げて、より多くの歩合報酬を得ることを目的として、強引な手法で契約をとったりする者もいます。
中には口八丁手八丁で虚偽の説明をするなどして、契約をとろうとする者もいます。

そのような営業担当者に当たらないように、信頼できる担当者を選ぶことは重要です。
大きな会社だから、どの営業担当者も信頼できるだろうと判断するのは早計です。

信頼できる担当者を選ぶポイント

その営業担当者が信頼できる人物なのか、判断するポイントのいくつかを挙げてみます。

・提示した査定金額について、その根拠を明示して説明してくれるか。
・土地を売却する理由を確認して、具体的な売却プランを提案してくれるか。
・不動産売却の初心者であると知って、態度を変えたりしないか。
・ローンの残債や、土地に関する権利関係などの情報まで確認してくれるか。
・こちらからの質問に対して誠実に回答してくれるか。
・十分な話をしていないのに、しきりに媒介契約を急かして進めようとしないか。

などです。

媒介契約は不動産仲介会社に対して行うものですが、その土地を購入したいと希望する方の案内、売却の交渉、契約が決まった後の契約書作成などの手続関連は、営業担当者が主導となって行うことになります。

それだけに、営業担当者は土地を売却する際のすべての窓口になるといっていいでしょう。
担当者の良し悪しで土地の売却がスムーズに進むかどうかが大きく変わると言っても過言ではありません。

それだけに、信頼できる担当者を選ぶことは土地の売却について重要なポイントだといえます。

初心者には「一般媒介」の仲介契約がおすすめ

不動産売却の仲介契約ですが、「媒介契約」とよばれ、「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類があります。

初めて土地を売却する初心者には、「一般媒介」をおすすめします。
「専任媒介」と「専属専任媒介」は1社とのみ仲介契約を結ぶのですが、「一般媒介」は多数の仲介会社と同時に媒介契約をすることができます。

初心者には、数多くある不動産仲介会社の中から、最も信頼できる1社を選ぶことが難しいため、「この会社なら」と判断された数社と同時に媒介契約を結ぶ「一般媒介」をおすすめします。

詳しくはコチラの記事をご覧ください。

家を高く早く売るためには一般媒介契約!?その理由は3つあります

2017.06.16

まとめ

初心者が土地の売却を行うには、土地の価格相場など、できるだけ多くの知識を得たうえで、仲介を依頼する不動産仲介会社を選ぶことが大切です。

その会社を選ぶにあたっては、実際に売却希望者と購入希望者と接することになる営業担当者が、信頼のおける方であることを基準にすべきでしょう。

初心者はもちろん、何度か不動産取引の経験がある方でも、仲介会社に任せる比重が高いことには変わりがありません。

それだけに、信頼できる営業担当者のいる仲介会社を選ぶことが大切です。

【初心者向け】福岡で一軒家を売るときに抑えておきたい6つのポイント

2017.12.28

【初心者向け】福岡でマンションを売るときに抑えておきたい3つのポイント

2017.11.21

The following two tabs change content below.
売る研
福岡の家・マンション・一戸建て・土地の不動産売却・査定サイト【売る研】では、創業35年の実績、ノウハウ、そして、実際に取引したお客様の要望を精査して福岡の不動産売却・査定情報を研究して発信していきます。

福岡で地元密着35年!
地域密着で不動産売却を支援いたします。

毎日リビング株式会社スタッフ写真
毎日リビングは、福岡市南区で昭和57年に創業して以来、地域の皆様方と手と手を取り合いこれまで成長してきました。
大手企業には真似できない対応力、機動力、そして地元企業だから分かる地域の特性や地元民しか知らない情報をお客様へお届けいたします。

お電話での問合せ

受付時間/月~金10:00~19:00
(祝祭日除く)