土地にかかるお金土地の売却

土地売却にかかる費用全7種類をまとめて紹介

土地の売却にかかる費用は、譲渡所得税(所得税+住民税)、印紙税、消費税といった税金に加え、測量費、不動産業者の仲介手数料、抵当権抹消費、建物解体費といった諸費用がかかります。諸費用は、土地の種類や家族構成によって経費として計上できるものがある一方、税金はすべての土地売却者に支払いの義務が発生します。土地売却は専門的な知識を有するため、不動産仲介業者のようなプロに相談するのがおすすめです。
ハウスクリーニング不動産売却の基礎知識

不動産売却前にハウスクリーニングをすべき3つの理由と掃除のポイント

不動産をより高く、スムーズに売却するためには、不動産売却前にクリーニングをするべきです。壁が汚れていたり傷があったりするような物件は、当然ですが誰も買いたいとは思いません。同じ間取りの中古物件があった場合、選ばれるのは綺麗にクリーニングされている物件です。クリーニングをすれば費用がかかってしまいますが、その分好印象を与えられるので、不動産売却成功の一番の近道になります。
アパート売却売却手続きの流れ

アパート売却の流れを6ステップでわかりやすく解説

アパートの売却の流れには、土地の売却相場を把握する、必要書類を準備する、不動産会社を選ぶ、実際に物件を売りに出す、買主と売買契約を結ぶ、という5つのステップがあります。適当に売却活動をしてしまうと、売るタイミングを逃してしまったり、売却ができなかったりという失敗もあるかもしれませんが、6つのステップをきちんと踏まえて売却活動を進めれば大丈夫です。売るタイミングを逃さないようにしましょう。
旗竿地土地の売却

旗竿地を高く売却するために知っておくべき5つの極意

旗竿地を高く売却するには、建物と合わせて売る、接道義務をクリアする、等価交換をするという方法があります。これらの方法は、資産価値を高めたり評価額を上げたりできるからです。また、隣人があなたの旗竿地を購入したいと考えている時に売却すれば、良い条件が付くこともあります。他にも、再建築不可物件が専門の買取業者か、旗竿地そのものの扱いが得意な不動産会社に買取を相談するとよいでしょう。
書類不動産売却の基礎知識

【不動産売却に必要な書類まとめ】入手・再発行の方法もご紹介

「不動産を売却するときの必要書類を知りたい」「書類を無くしたらどうすればいい?」こんな要望にお応えします。ステップごとに必要となる書類と発行方法、紛失した場合の対策などをまとめました。再発行に時間がかかるものもあるので、何がどのタイミングで必要かを知っておき、早めに準備してスムーズに売却できるようにしましょう。
家の価格売却手続きの流れ

不動産の売却相場を調べる5つの方法を徹底解説!

「自分の不動産はいくらで売れるんだろう?」「不動産の相場はどやって調べればいいの?」こんな疑問にお答えします。不動産を高く売却するなら売却相場を調べて価格設定をすることが重要です。適正な価格で売り出せば、希望通りの期間に希望通りの値段で売却することが可能です。今回は自分でできる不動産相場を調べ方を解説します。
マンションの売却

投資用マンションの賢い売却方法

家族の将来のために、投資用マンションをどのように運用していけばいいのか、または高く売るためにはどうしたらいいのかと、お悩みではありませんか?損をしないで投資用マンションを売却するためには、いくつか「コツ」が必要です。 今回は、投資用マンションの賢い売却方法を紹介します。リスクをできるだけ抑えつつ、高く売却したい人は必見です!
不動産売却・査定について

住宅ローン返済がきつくなる前に知っておきたい抵当権と不動産売却のこと

抵当権が設定された不動産は債務者の返済が滞った場合、債権者の申立てによって競売にかけられるリスクがあります。ただし不動産は抵当権が付いた状態でも売却可能です。抵当権付きの不動産は任意売却を行うことで競売より高値で売却可能であり、債務者はローンの返済負担を軽減できます。
不動産売却の基礎知識

固定資産税の価格はどうやって決まるの?計算方法について徹底解説!

住宅やマンションなどの不動産を持っていると、毎年固定資産税がかかります。 空き家・空き地で使われていない不動産を所有していても、当然に固定資産税の納付義務が課せられます。 空き家・空き地を所有している場合は、無駄な税金を抑えるためにも売却を検討するのもいいかもしれません。
相続した不動産の売却

【終活のすすめ】子供に迷惑をかけずに不動産相続・不動産売却する方法

「相続で子供に迷惑をかけたくない」「不動産の相続について知りたい」こんな要望にお応えします。資産に不動産がある場合は、価値を評価したうえで相続しなければなりません。また、相続税の納税義務が発生した場合は、評価額に応じた相続税を遺族が納税することになります。今回は不動産相続や売却する方法について解説していきます。
不動産売却の基礎知識

【不動産売却の基礎知識】住民票を移すタイミングと住所変更登記について

自宅を売却するならいずれかのタイミングで「引っ越し」をしなければなりません。 買手が決まる前に次の家に引っ越した場合、住民票の異動を先にするのか所有権の移転登記まで待つべきか、どちらが正しい対応なのでしょうか?今回は、自宅を売却したときの住民票を移すタイミングと住所変更登記について解説していきます。
お役立ち情報

【被扶養者必見!】不動産売却で健康保険料が上がるってホント?

不動産を売却して利益が出ると、翌年度の「健康保険料」が大きく上がる可能性があるので注意が必要です。 現在夫の健康保険の扶養に入っている方の場合、扶養が外れて自分で健康保険に入らないといけないケースもあります。 今回は、不動産売却によって健康保険料が上がったり扶養を外れたりするケースについて解説します。
介護による不動産売却

【成年後見人による不動産売却】4つのポイントと3つの注意点

親が高齢になり認知症になってしまったら、介護施設などに入所するケースも多数です。親の家を売って介護費を捻出したい場合もあるでしょう。 今回は、認知症の人が家を売るときの「成年後見人による不動産売却方法」について、ポイントや注意点を中心に解説します。
空き家の売却

5分でわかる!3,000万円特別控除とは?【相続空き家編】

実家を相続して空き家を売却した場合、利益が出たら基本的に税金が発生します。 ただし一定の要件を満たせば、「被相続人の居住用財産(空き家)を売却したときの特例」が適用されて、最大3,000万円までの譲渡所得(利益)に対しては課税されない扱いとなります。 相続した空き家を売却したときに適用される「3,000万円の控除制度」がどのようなケースで適用されるのか解説していきます。
相続した不動産の売却

不動産を相続したらまずは相続登記!8つのステップで解説

親が亡くなって実家の土地や建物が残されていたときなど「不動産」を相続したら必ず「登記」をすべきです。 相続登記をしなくても罰則はありませんが、いろいろなトラブルや不利益の原因になってしまう可能性があります。 今回は不動産を相続したときにまずやるべき「相続登記」について、解説します。
相続した不動産の売却

兄弟で実家を相続したときの8つのトラブル事例と6つのステップ

「兄弟の誰も住まない実家はどうしたら良いのだろうか?」「実家を売って兄弟で公平に分けたいのに反対される」こんな悩みを解消します。仲の良い兄弟でも、両親が亡くなって実家を相続するとトラブルが発生する可能性があります。どのようなトラブル事例があるのか、またその際の解決方法や実家を相続する際の流れについて解説していきます。
不動産売却・査定について

【不動産売却を依頼したのに売れない】14の理由と7つの対策

不動産売却を依頼しているのになかなか売れない・・・なんで!?こんな悩みにお応えします。不動産を効率的に売却するためには、あなたの物件がどうして売れないのか理由を知った上で対策をとる必要があります。 今回は、不動産売却を依頼したのに売れない14の理由と7つの対策をご紹介します。

マンションの売却

投資用マンションの賢い売却方法

家族の将来のために、投資用マンションをどのように運用していけばいいのか、または高く売るためにはどうしたらいいのかと、お悩みではありませんか?損をしないで投資用マンションを売却するためには、いくつか「コツ」が必要です。 今回は、投資用マンションの賢い売却方法を紹介します。リスクをできるだけ抑えつつ、高く売却したい人は必見です!

マンション売却額は築年数が影響する?価値が下がる築年数の目安について

マンションは実物資産であり、経年劣化するものです。 そのため、一般的には築年数が経過するほど価値は下がっていくと言われています。 今回は、実際に築年数はどのくらい経過すると売却価格は下がるのか? という点を、「データ」と「購入者の心理」という2つの観点から解説していきます。

マンション売却するときは「大手」と「中小」どちらの不動産会社に依頼したらいいの?

マンションを売却するときは、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。 ただ、不動産会社には色々な会社があり、特に大手と地元密着の中小は特徴が異なります。 そこで今回は、その2種類の会社のどちらに依頼すれば、マンションは高く・早く売れるかを解説していきます。

不動産売却の基礎知識

マンションとお金

購入して5年以内の不動産を売却する際に押さえておくべきコツ

「不動産を購入してまだ5年たってないけど、いろいろあって売却したい」「そもそも売れるの?」こんな悩みを解消します。購入して5年たっていない不動産を売却しようとすると、税金が高くなり損をしてしまう可能性があります。この記事ではそんな税金の負担を少しでも軽くするために売却額を上げるコツを紹介しています。どうしても5年以内の不動産を売却したい人はこの記事を参考にしましょう。

奥まった物件

再建築不可物件は売却できる!売り出し方のポイントを徹底解説

「再建築不可物件を売却したい」「そもそも売却できるの?」こんな悩みにお応えします。再建築不可物件は、資産価格が低くなる傾向はあるものの、売却できないわけではありません。一般的な価格相場としては、再建築できる物件の5~7割程度の価値です。しかし、売り方次第では買い手を見つけ、売却時の交渉をより有利に進めることもできます。

チラシを見る夫婦

不動産売却のチラシに関する広告ルール・規制についての基礎知識

「不動産を売却するときの広告のルールや規制を知りたい」こんな要望にお応えします。不動産売却の手法として、チラシなどを使った広告活動が広く行われています。取引額の大きい不動産は、誤認を誘発するような広告は被害が大きくなることから、ルールや規制が厳しく敷かれています。今回は不動産売却のチラシの広告ルールや規制を解説します。

一戸建て・一軒家の売却

家を売却するのにかかる期間はどれくらい?不動産売却のスケジュールについて

家を売りに出すと、どれくらいの期間で契約が決まるものでしょうか。できれば家を売却するなら、少しでも早く買い手が見つかってほしいものです。実際のところはどれくらいの期間で売却が決まるものなのか、今回は家の売却をするときのスケジュールや手続き、期間などについてご説明いたします。

売却手続きの流れ

家を渡す

家族信託された不動産の売却方法について分かりやすく解説

「親から相続した不動産だけど…管理が大変だし住む予定もないから売りたい!」「家族信託の不動産は受託した人の独断で売却できる?」こんな要望にお応えします。親から信託された不動産の売却は、一般の不動産売却とは方法が少し異なります。そのため違いをよく理解し進めていく必要があるのです。この記事では家族信託された不動産の売却方法について詳しく解説します。売却を考えている受託者は必見です。

不動産売却

不動産売却時の決済についてその方法や所要時間・必要書類を解説

「不動産売却時の決済方法について知りたい」「不動産売却の引き渡し日はどれくらい時間に余裕を持たせておけばいいの?」こんな疑問にお答えします。不動産売却時の決済手段は、主に現金・銀行振込・小切手の3種類です。トラブルを避けるためにも、不動産売却時の決済手段と所要時間、必要書類などを知っておきましょう。

内覧

不動産売却での内覧の準備や当日の流れなど基本を解説

中古の不動産売却では、物件広告を出した後、希望者に対して内覧の案内を行います。内覧での印象が悪いと売買契約の締結まで話を進められないため、家を売るなら内覧の準備や当日の対応に力を入れましょう。とくに注意したいのは、多くの内覧者がチェックする水回りの整備です。キッチン・浴室・トイレなどが汚れていたり、設備に問題があったりすると、契約は決まりません。ここでは、不動産売却をサポートする内覧の基本を解説します。

土地の売却

農地

【農地の不動産売却】5つの注意点と2つの売却方法

不動産の中でもとくに売却手続きに手間がかかるもののひとつが、農地です。農地は日本の食料自給率を支える農業の基礎なので、所有者であっても自由に売却することができません。また、自宅を建ててマイホームで暮らすといった方法で使うためには地目の転用が必要です。一般的な土地に比べて価格も安く、査定のポイントも大きく変わってくるため、農地の不動産売却に関する注意点や売却方法を詳しく知っておきましょう。

土地にかかるお金

土地売却にかかる費用全7種類をまとめて紹介

土地の売却にかかる費用は、譲渡所得税(所得税+住民税)、印紙税、消費税といった税金に加え、測量費、不動産業者の仲介手数料、抵当権抹消費、建物解体費といった諸費用がかかります。諸費用は、土地の種類や家族構成によって経費として計上できるものがある一方、税金はすべての土地売却者に支払いの義務が発生します。土地売却は専門的な知識を有するため、不動産仲介業者のようなプロに相談するのがおすすめです。

不動産会社の選び方

カレンダーと一軒家

不動産会社との専任媒介契約の有効期間は3ヵ月!更新・解約方法を解説

「専任媒介契約を結んでいるけど、なかなか売れない」「専任媒介契約の解約方法を知りたい」こんな要望にお応えします。専任媒介契約の有効期間は3ヵ月と法律で定められており、有効期限を過ぎた後に契約更新をしなければ解除になります。今回は専任媒介契約の更新・解約の仕方を解説します。

マンション売却するときは「大手」と「中小」どちらの不動産会社に依頼したらいいの?

マンションを売却するときは、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。 ただ、不動産会社には色々な会社があり、特に大手と地元密着の中小は特徴が異なります。 そこで今回は、その2種類の会社のどちらに依頼すれば、マンションは高く・早く売れるかを解説していきます。

不動産仲介会社はどうやって選べばいいの? 信頼できる仲介会社を見分ける5つのポイント

家や土地を売買する際、不動産仲介会社に依頼して行うことがほとんどです。数多くある会社の中での会社選びのポイントの一つは、まず、メールか電話で問い合わせをしてみて不動産売却の知見や営業担当者を見極めること。あなたの大切な財産を任せられる会社選びを見分ける5つのポイントをご紹介します。

空き家の売却

管理に悩む大家

空き家管理が必要な4つの理由&5つの方法!空き家売却で最大3,000万円分の税金控除も

「空き家はどうやって管理すればいいの?」「そもそも空き家は売った方がいいの?」こんな悩みにお応えします。空き家はその所有者が管理をするのが原則です。ただ、相続などで突然空き家を管理することになった人にとっては、どうすればいいかわからず悩んでしまうことでしょう。今回は、空き家の管理が必要な理由や空き家管理の方法、管理する際のメリットデメリットなどについて徹底解説いたします。

5分でわかる!3,000万円特別控除とは?【相続空き家編】

実家を相続して空き家を売却した場合、利益が出たら基本的に税金が発生します。 ただし一定の要件を満たせば、「被相続人の居住用財産(空き家)を売却したときの特例」が適用されて、最大3,000万円までの譲渡所得(利益)に対しては課税されない扱いとなります。 相続した空き家を売却したときに適用される「3,000万円の控除制度」がどのようなケースで適用されるのか解説していきます。

実家売却で失敗しないための3つのポイント

空き家になった実家どうする?売却したほうが良い3つの理由

「子供達と同居することになった」「高齢者施設に入所した」「亡くなってしまった」等、様々な理由で実家が空き家になってしまうことは遅かれ早かれ考えられます。 実家が空き家となったときによく見られるのが、「とりあえずそのまま」にしてしまうケースです。 しかし空き家となった親の家は、「その時点で」売ってしまうのが一番。 今回はその理由とともに、実家の処分で失敗しないために気をつけたい3つのことを説明していきます。

お役立ち情報

家を渡す

家族信託された不動産の売却方法について分かりやすく解説

「親から相続した不動産だけど…管理が大変だし住む予定もないから売りたい!」「家族信託の不動産は受託した人の独断で売却できる?」こんな要望にお応えします。親から信託された不動産の売却は、一般の不動産売却とは方法が少し異なります。そのため違いをよく理解し進めていく必要があるのです。この記事では家族信託された不動産の売却方法について詳しく解説します。売却を考えている受託者は必見です。

家族

不動産の家族信託を組むメリット・デメリットと売却時の注意点

「最近よく聞く家族信託ってなに?」「不動産も家族信託できるの?」こんな疑問にお答えします。近年注目を集めている家族信託とは、財産・不動産の保有者である委託者が、指定した受益者のために信頼できる身内・親族に財産・不動産の管理・処分を託すという仕組みです。今回はこの家族信託のメリット・デメリットも含めて詳しく解説します。

登記の申請

不動産の「登記事項証明書」の正しい見方を分かりやすく解説

土地や建物の条件や権利関係を閲覧できる登記事項証明書は、表題部・権利部(甲区)・権利部(乙区)の3段構成になっています。それぞれの段落によって、「土地の所在地や地目、面積などが書かれている」「権利者や差し押さえの有無が設定されている」「抵当権が分かる」など、得られる情報が違うため、正しい見方を知っておきましょう。今回は、土地の相続・売却トラブルを防ぐために知っておきたい、登記事項証明書の見方を解説します。

収益物件の売却

鍵と図面

シェアハウス売却は2パターンある!それぞれのメリット・デメリット

「シェアハウスを高く売りたい」「そもそもシェアハウスって売れるの?」こんな悩みにお応えします。シェアハウスを売却する代表的な方法は、オーナーチェンジ物件として売却する方法と、一般的な住宅(空き家)として売却する方法の2つです。例外として、任意売却するという方法も可能です。それぞれのメリット・デメリットを把握して売却に臨みましょう。

マンションの価格

収益物件の売却前に知っておくべき査定に関する基本解説

「収益物件を売却したい・運用する自信がない」「居住用不動産を売る場合との違いは?」こんな悩みにお応えします。収益物件は、居住用物件と査定の計算方法が大きく違います。収益物件は「今後得られる収益」を市場価値にするのが一般的です。もちろん、建物の状態も査定に影響します。そこで今回は、収益物件の査定に関する基本を解説していきます。

収益物件を売却した時の消費税は?課税対象と非課税対象について

この記事では、収益物件を売却するというケースを念頭において消費税の説明をしていきます。収益物件を売却すると決めた時には売却の価格をいくらにするのか決める必要があります。その価格を決定する際に必ず検討しなければならないのが消費税です。2019年10月から税率が8%から10%に変更された消費税は、軽視できない存在です。

相続した不動産の売却

家族

不動産の家族信託を組むメリット・デメリットと売却時の注意点

「最近よく聞く家族信託ってなに?」「不動産も家族信託できるの?」こんな疑問にお答えします。近年注目を集めている家族信託とは、財産・不動産の保有者である委託者が、指定した受益者のために信頼できる身内・親族に財産・不動産の管理・処分を託すという仕組みです。今回はこの家族信託のメリット・デメリットも含めて詳しく解説します。

【終活のすすめ】子供に迷惑をかけずに不動産相続・不動産売却する方法

「相続で子供に迷惑をかけたくない」「不動産の相続について知りたい」こんな要望にお応えします。資産に不動産がある場合は、価値を評価したうえで相続しなければなりません。また、相続税の納税義務が発生した場合は、評価額に応じた相続税を遺族が納税することになります。今回は不動産相続や売却する方法について解説していきます。

5分でわかる!3,000万円特別控除とは?【相続空き家編】

実家を相続して空き家を売却した場合、利益が出たら基本的に税金が発生します。 ただし一定の要件を満たせば、「被相続人の居住用財産(空き家)を売却したときの特例」が適用されて、最大3,000万円までの譲渡所得(利益)に対しては課税されない扱いとなります。 相続した空き家を売却したときに適用される「3,000万円の控除制度」がどのようなケースで適用されるのか解説していきます。

売却価格の相場情報

お客様の声

お客様の声「春日市の不動産売却」

認知症になる前に自宅を売却した成功事例(春日市松岡様)

ご親戚所有の空き家(福岡県春日市)を代理で売却された松岡様にインタビューしました。 松岡様のご親戚は介護施設に入所したことがきっかけで不動産売却を検討しはじめ、その際に姪である松岡様がネット検索で当サイト(売る研)を知り、ご相談いただきました。 これから高齢者施設や介護施設への入所がきっかけで不動産売却される方にはとても参考になるインタビュー記事となっております。

成功した秘訣は業者選び!共有名義の不動産売却成功事例(福岡市南区)

福岡市南区の共有名義の実家を売却されたY様、F様にインタビューしました。 約20年前に実家を相続し、なかなか売却できないと悩まれていたときに、当サイトをご覧になりご相談いただきました。 共有名義の不動産売却を検討されている方にはとても参考になるインタビュー記事となっております。

介護による不動産売却

【介護と不動産】親が認知症になる前に不動産売却した方が良い4つの理由

認知症になってしまうと「親のお金で親の介護費用を出す」という当たり前のことが難しくなります。さらに難しくなるのが、認知症の人が所有者となっている家を売却すること。不動産は親が施設に入ったタイミングなどで売却するのが正解。そして大事なのは「認知症になる前」です。今回はその理由を詳しく説明していきます。

【介護と不動産】親の介護施設への入所で空き家になった実家を売るための5つのポイント

「親が介護施設に入所して実家が空き家になってしまった」「親名義の空き家はどうやって売ればいいの?」こんな疑問にお答えします。現在の高齢社会では、親の入院や入所がきっかけで実家の売却を考える方もかなり増えてきています。しかし、状況によってはスムーズに売却することができない場合があります。今回は空き家になった実家の売却方法を詳しく解説します。

不動産売却・査定について

マンションの価格

収益物件の売却前に知っておくべき査定に関する基本解説

「収益物件を売却したい・運用する自信がない」「居住用不動産を売る場合との違いは?」こんな悩みにお応えします。収益物件は、居住用物件と査定の計算方法が大きく違います。収益物件は「今後得られる収益」を市場価値にするのが一般的です。もちろん、建物の状態も査定に影響します。そこで今回は、収益物件の査定に関する基本を解説していきます。

更地

更地にして売却することのメリット・デメリットとは?

「古い戸建てを売りたいけど、解体した方がいいの?」「更地にするメリット・デメリットを知りたい」こんな疑問にお答えします。 築年数が古くそのままの状態では不便な住まいは、更地にしたほうが売りやすくなります。ただし、既存の建物を解体して更地にするためには、当然のことながら解体工事の費用が必要です。今回は、土地を更地にして売るメリットとデメリットをご紹介します。

新築の家

新築・築浅物件を売却するときに押さえておきたい8つのポイント

新築物件や築浅物件を売却する場合は、家を売る理由を明確にしたり、相見積もりを取ったりしましょう。新築・築浅物件は、基本的になにもしなくても好条件で売れやすいです。しかし、売却手続きを適当に進めると、思ったような条件で売れなかったり、売れるまで時間がかかったりする場合があります。今回は、新築や築浅の物件を手に入れてすぐに売却する際に押さえておくべきポイントを見ていきましょう。

離婚による不動産売却

新築の家

新築・築浅物件を売却するときに押さえておきたい8つのポイント

新築物件や築浅物件を売却する場合は、家を売る理由を明確にしたり、相見積もりを取ったりしましょう。新築・築浅物件は、基本的になにもしなくても好条件で売れやすいです。しかし、売却手続きを適当に進めると、思ったような条件で売れなかったり、売れるまで時間がかかったりする場合があります。今回は、新築や築浅の物件を手に入れてすぐに売却する際に押さえておくべきポイントを見ていきましょう。

離婚時の不動産売却

離婚による不動産売却で揉めないための5つのポイント

離婚に合わせて持ち家を売却する場合、売り方や事前のすり合わせに不備があると、権利的または金銭的なトラブルが起きてしまいます。基本的に、不動産売却の素人が不動産売却と離婚手続きを並行して進めるのは難しいため、必要に応じて夫婦で話し合いをしたり、プロの手を借りたりして避けられるトラブルを避けましょう。ここでは、離婚による不動産売却中に相手と揉めないようにするためのポイント5つをご紹介します。

費用と税金について

収入印紙

不動産売却でかかる印紙税とは?納付方法や軽減税率などの基礎知識

不動産売却のような大きな金銭を動かす取引をする場合に、売買契約書や領収書への収入印紙の添付を通して納付するのが印紙税です。基本的に、印紙税がかかる書類は法律で決められているため、不動産を売る際に印紙税を納めないという選択をすることはできません。ただ、収入印紙を使った印紙税の納税手続きに慣れていない人も多いでしょう。そこで今回は、印紙税の納税義務や納付方法、軽減税率をはじめとした基礎知識を解説します。

収益物件を売却した時の消費税は?課税対象と非課税対象について

この記事では、収益物件を売却するというケースを念頭において消費税の説明をしていきます。収益物件を売却すると決めた時には売却の価格をいくらにするのか決める必要があります。その価格を決定する際に必ず検討しなければならないのが消費税です。2019年10月から税率が8%から10%に変更された消費税は、軽視できない存在です。

トラブル・失敗例

離婚時の不動産売却

離婚による不動産売却で揉めないための5つのポイント

離婚に合わせて持ち家を売却する場合、売り方や事前のすり合わせに不備があると、権利的または金銭的なトラブルが起きてしまいます。基本的に、不動産売却の素人が不動産売却と離婚手続きを並行して進めるのは難しいため、必要に応じて夫婦で話し合いをしたり、プロの手を借りたりして避けられるトラブルを避けましょう。ここでは、離婚による不動産売却中に相手と揉めないようにするためのポイント5つをご紹介します。

家の破損

売主必見!不動産売却時に必要な「瑕疵担保責任」について詳しく解説

「不動産を売却するとき瑕疵担保責任は必要なの?」「そもそも瑕疵担保責任ってなに?」こんな疑問にお答えします。不動産売却の際、物件に隠れた瑕疵が見つかった場合、売主が責任を持って対処する必要があります。場合によっては瑕疵担保責任を理由に売買契約の解除や損害賠償を求められます。今回は、不動産売却に必要な瑕疵担保責任について解説していきます。

赤字売却や不動産会社選びの失敗など不動産売却でありがちな実際の失敗談を5つご紹介

「不動産売却にはどんな失敗例があるの?」「不動産を売って少しでも利益を出したい」こんな疑問にお答えします。不動産売却手続きは、準備不足や知識不足がそのまま取引の失敗につながります。ただし、不動産売却をする人の多くは、生まれて初めて売却手続きをするため、必要な知識を持たないことも多いです。ほんの少しの知識があれば避けられる失敗やトラブルもあるため、事前に不動産売却でありがちな失敗談を知っておきましょう。今回は、売り急ぎや不動産会社選び、内覧対応、売却時にかかる費用・税金の読み違いといった5つの失敗談をご紹介します。