駅から近いほうが高く売却できる?駅近マンションの価値について

マンションは、駅から近いほど利便性が高いと考えられます。
そのため、売買価格も家賃も高めに設定されていることが一般的です。
では、マンションを売却する際には、駅から近い物件のほうがより高く売却できるのでしょうか。
駅から離れている場所にあるマンションは安くしか売却できないのでしょうか。

宅地建物取引士 山野
今回はマンションの資産価値について、少し掘り下げて考えてみましょう。

駅近のマンションは、資産価値が高い

「駅から徒歩5分以内」がひとつの基準

マンションの資産価値を考える場合、駅から距離が近いこと、いわゆる「駅近」は最重要のポイントとなります。
その他、広さや築年数などもマンションの価格を決めるうえで評価されるポイントになりますが、それ以上に駅からの距離が優先されて考慮されます。

「駅近」と称されるには、最寄駅から徒歩5分以内であることが条件といっていいでしょう。
徒歩5分を超えても10分以内であれば、「徒歩圏」と称されます。
徒歩15分を超えると「徒歩圏」とは言いづらくなり、それだけ資産価値が下がることになります。

補足説明
徒歩所要時間は算出基準が定められていて、
不動産広告に掲載されている分数は、以下の基準をもとに計算しています。
徒歩1分=80m 車1分=400m
 

駅から近いほど価格が高くなる

駅までの距離が6分となっているマンションの価格を基準として考えた場合、徒歩3分以内であれば価格が5%アップ、6分を超えて10分以内であれば5%ダウン、さらに15分以内となると13%のダウンになるという調査データがあります。

宅地建物取引士 山野
仮に徒歩6分のマンションの価格を3000万円とした場合、広さや築年数が同じ条件であるなら、徒歩3分以内のマンションは3150万円、10分以内のマンションは2850万円、15分以内となると2610万円になるわけです。
徒歩数分の距離の差が、数百万円の差になるということです。

また、一般的には都心部に近いマンションのほうが、郊外のマンションよりも高い価格になりますが、数駅程度の差であれば、その規則性が当てはまらないことがあります。

例えば、都心部に近い立地ではあるが、最寄駅まで徒歩10分以上かかるマンションよりも、都心部から数駅離れていても、最寄駅から徒歩5分以内の駅近マンションのほうが高く売却されたりするのです。

駅近のマンションはそれだけ高い評価がなされているということです。

なぜ駅近のマンションは高い評価となるのか?

マンションを購入する方も、賃貸でお住まいになる方も、最寄駅からの距離、徒歩何分かかるのかを重視して選ぶ方が多くいます。
交通の便が悪い地方の郊外にお住まいの方は、車による移動がメインになりますので、駅からの距離をさほど気にしないこともあります。

しかし、都市圏にお住まいの方にとっては、日常の移動の足が電車になることが多いため、自宅から駅までの距離はマンションを選ぶうえでの重要なポイントになります。

駅近の最大のメリットは、職場への通勤や学校への通学が楽であることです。
また、都市圏の駅前は商業施設が集中しているなど、日常生活の買物等に便利であることも理由になります。
天気の悪い日も、駅までの距離が短いと傘をさして足元の悪い道を歩く時間が短くなります。
女性の場合は、夜に帰宅する際、夜道を歩く時間が短くてすむメリットがあります。

宅地建物取引士 山野
駅近のマンションが高い評価になるのは、生活の利便性が良いということが最大の理由でしょう。
駅から遠く、徒歩で移動することが難しいと思われる場合、自転車を使ったり、バスを利用することになりますが、駅前の駐輪場に空きがあるかどうか、バス路線はあるか、帰宅が夜遅くなった際、バスは遅い時間まで運行しているかといった懸念があります。

また、バスの場合、朝夕の時間帯は運行本数が多くなっていますが、日中の時間帯は数十分に1本、1時間に1本といった運行となっていることも珍しくはありません。
そのため、その時間に合わせた外出スケジュールを組まなければならず、生活に不便を感じることになります。

駅近のマンションのデメリット

利便性が高い駅近のマンションですが、デメリットもあります。

マンションが駅から近いと、路線によっては電車が通過する際の音がうるさいと感じることがあります。
地下鉄の場合は問題がないでしょう。

地域にもよりますが、線路わきのマンションなどは終日窓を開けることができないといった声を聞くことがあります。
慣れてしまえば気にならなくなるのかもしれませんが、いつまでも慣れることができない方もいるかもしれません。

また、電車の音だけではなく、駅によっては駅前が繁華街となっているところもあります。
特に都心部の駅は、夜遅くまで営業している飲食店やアルコールを提供する店が多く建ち並んでいることもあります。

そのため、夜遅い時間に帰宅する際などは、道路も明るく、人通りがあるため安全であるといえますが、深夜まで喧騒が続く騒がしい環境であるともいえます。

それだけに、お子さんがいる家庭では環境を優先して、郊外のマンションを購入される方も多いようです。

宅地建物取引士 山野
駅が近いマンションのデメリットは、生活の利便性は良いぶん、騒音や治安の問題があります。生活スタイルに合った環境を選ぶことが大切ですね!

駅近でないと、売却価格は安くなってしまうのか?

もともとの分譲価格も安いため、売却価格も安くなる

駅近ではないマンションは、新築時の分譲価格が安く設定されています。
これは先述のとおり、マンションを購入される際に、駅から近いことを最優先の条件として選ばれる方が多いためです。
そのため、駅近のマンションよりも分譲価格が安くなっています。

そのマンションを中古物件として売却するとなれば、どうしても分譲価格を基準とした評価がなされるため、売却価格も安いものになってしまいます。
ただ、その値下がりの幅は比較的小さなものであることが多いのです。

多少は安くなってしまうが、他に魅力があれば大幅ダウンはない

確かに駅近のマンションは高い評価をされるため、売却価格も高く設定されることが多くあります。

では、駅近でないマンションは安くなってしまうのでしょうか。
駅近は最優先されることが多い条件ですが、それ以外の部分で強いアピールポイントがあれば、マンションの売却価格はさほど大きく下げられることはありません。

同じ価格帯であれば、駅近のマンションよりも住居面積が広いことが一般的です。
さらに、共用施設が充実していることも多くあります。
周辺環境が良いことなどは大きなポイントになります。
駅近ではないけれど、騒音が少なく、閑静で住みやすいといった住環境があればそれは大きな魅力といえます。

お子さんがいる家庭は、学校区がどこになるのかを気にする方も多くいます。
人気のある学校区であれば、それも魅力となります。
また、管理人が常駐しているなどセキュリティが万全であるなども、大きなポイントとなります。
若い年代の方であれば、駅からは少し遠いけれど、静かな環境で子育てには最適だと考える方も少なくはないでしょう。

その他にも、数年以内にマンションの周辺が都市開発される計画があるなど、将来に明るい材料があれば、それも大きなアピールポイントになります。
そのようなポイントがあれば、駅近のマンションよりも多少は安い売却価格になる可能性はありますが、大きな価格ダウンはないでしょう。

まずは不動産仲介会社と十分に相談し、マンションのアピールポイントをできるだけ多く探し、売却するにあたってはより高い価格設定ができるようにしましょう。

【初心者向け】福岡でマンションを売るときに抑えておきたい3つのポイント

2017.11.21

宅地建物取引士 山野
【売る研】を運営している毎日リビングはマンション売却も得意としています!福岡市近郊のマンション売却ならお任せ下さい!
はっ?うちの家、もしかして資産価値高いかも?
The following two tabs change content below.
売る研
福岡の家・マンション・一戸建て・土地の不動産売却・査定サイト【売る研】では、創業35年の実績、ノウハウ、そして、実際に取引したお客様の要望を精査して福岡の不動産売却・査定情報を研究して発信していきます。

福岡で地域密着36年!
売主目線で不動産売却を支援いたします。

毎日リビング株式会社スタッフ写真
毎日リビングは、福岡市南区で昭和57年に創業して以来、地域の皆様方と手と手を取り合いこれまで成長してきました。
大手企業には真似できない対応力、機動力、そして地元企業だから分かる地域の特性や地元民しか知らない情報をお客様へお届けいたします。

お電話での問合せ

受付時間/平日9:00~18:00