売却不動産の査定

flow-step03

最新の市場動向に沿った、適正価格で査定

営業担当が対象不動産の現状を把握し、市場の流通性を分析した上で、価格を査定致します。
不動産会社が提示する査定価格は、査定価格=売出価格ではありません
査定価格はあくまでも、『査定価格』なのです。

売り手であるあなたが提示された査定価格をみて、売り出したい価格を不動産会社へしっかりと意思表示してください。

 

査定価格について

 

買取価格

現金化を急いでいる方や、売却手続きが面倒な方にお勧めしています。
メリットは、現金化が早く済み、法人が購入するケースが多いため、売却後のトラブルがほとんどないことです。
デメリットは査定価格に比べて2~3割低くなります。買取業者は再販売を目的として購入することが多く、再販売に掛かる経費を差し引いて購入し、相場価格で売り出します。そのため、相場価格の60~80%の価格になります。

 

査定価格

査定物件の市場の流通性や不動産評価(地価公示価格や路線価格等)を調べて算出しています。
不動産会社は、3ヵ月以内に成約できる価格で計算する会社が多いです。

 

チャレンジ価格

売却を急いでいない、時間に余裕があるため、高値売却を重視したいという方にはお勧めです。
査定価格から1.2倍くらいの範囲で高めに売り出してみます。この価格で売れる保証はありませんが、売る研がこれまで培った経験と知識を持って少しでも高く売れるよう、頑張ります。
売主さんにとっては少しでも手残りが多い方が魅力的なので、とても好評いただいております。

 

買取と仲介に関する詳しい記事は下記をご覧ください。

>>【徹底解説!】不動産売却における「買取」と「仲介」の違い