不動産の売却相場を調べる5つの方法を徹底解説!

家の価格

不動産売却の時、真っ先に気になるのは「いくらで売れるか」ではないでしょうか。不動産価格には「定価」もなく、その時々で価格は変動します。

最終的には売主と買主の交渉により価格が確定するため、売ろうと思った時点ですぐに正確な売却価格が分かるわけではありません。

そこで「相場」を知ることが大切です。相場より随分安く売って損をしてしまった!なんてことにならないために、自分で相場を調べて適正価格をイメージしておきましょう。

今回は売却相場の調べ方を徹底解説いたします。

福岡市・春日市・那珂川市・大野城市の不動産売却なら【売る研】の無料査定へ

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・名古屋市の不動産売却なら【ノムコム】の無料査定

売る研おすすめ不動産査定サイト【すまいValue】信頼の大手6社に一括査定!2322

不動産売却相場を自分で調べる5つの方法

調べる

自分で不動産の売却相場を知るためには下記を調べる必要があります。

  • 近隣の条件が似ている物件の過去の売却価格
  • 近隣の条件が似ている物件が今いくらで売られているか

まずはインターネットで検索してみると良いでしょう。信頼できる情報から売却相場を調べるため、最適な方法を5つご紹介します。

「レインズ・マーケット・インフォメーション」で成約価格を読み取る

「レインズ・マーケット・インフォメーション」とは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営及び管理を行っている不動産流通標準情報システムです。[注1]

こちらのサイトでは、指定流通機構に集約された不動産の取引価格情報が提供されています。つまり、こちらで検索すると実際に売買取引された物件の情報を閲覧できるというわけです。

対象となる不動産物件は一戸建てとマンション、対象エリアは全国です。

例えば、地域を「福岡県全域」と指定して検索した場合、福岡県の直近1年の成約価格等の取引情報を確認できます。個別の取引を特定できない工夫がされていますが、下記の情報が詳細表示されているため、自分が売りたい物件を探して成約価格を調べてみましょう。

【レインズに表示される取引情報】

表示項目 単位 表示方針
価格 百万円 ・十万円単位を四捨五入して表示
単価 万円/㎡ ・小数点以下を四捨五入して表示
面積(建物・土地) ・実際の面積に20㎡の幅を持たせて表示
・面積が200㎡を超える場合は「200㎡超」と表示
築年 ・実際の築年に2年の幅を持たせて表示
成約時期 年月〜月 ・成約された年月を3ヶ月で区切った範囲で表示

全国指定流通機構連絡協議会が運営・管理しているため信頼できる

レインズ・マーケット・インフォメーションの情報は国土交通省が指定した不動産流通機構が管理しています。この指定不動産流通機構は通称「レインズ」と呼ばれ、下記の4つの業者で構成されています。

指定流通機構 管轄区域
(公財)東日本不動産流通機構 首都圏1都3県・北海道・東北6県・北関東3県・甲信越3県
(公社)中部圏不動産流通機構 中部7県
(公社)近畿圏不動産流通機構 近畿2府4県
(公社)西日本不動産流通機構 中国5県・四国4県・九州8県

レインズには不動産会社の持つ不動産情報が登録され、不動産流通市場の透明性が確保されるというわけです。

この情報を一般の消費者が閲覧し、適切な価格で不動産取引を行えるようにと開発されたのがレインズ・マーケット・インフォメーションです。消費者がサイトから信頼できる確かな情報を閲覧できるのはありがたいですね。

「土地総合情報システム」でアンケートを基にした取引価格情報を閲覧する

アンケート

「土地総合情報システム」は国土交通省のWEBサイトです。[注2]国土交通省が、実際に不動産取引をした人を対象に行ったアンケート結果をデータベース化してあります。

下記に挙げる項目を検索して閲覧できます。

  • 不動産取引価格
  • 地価公示:都道府県地価調査

例えば、不動産取引価格を検索する場合、取引時期と地域を選び、自分が知りたい不動産の種類も下記から選ぶことができます。[注3]

  • 宅地
  • 土地
  • 土地と建物
  • 中古マンション等
  • 農地
  • 林地
  • すべて

地域を選ぶ場合、住所で検索する方法と、路線・駅から探す方法があるため、とても便利です。

国土交通省のWEBサイト、というと「難しいのでは?」と敬遠してしまう方もいるかもしれませんが、一般の方にも分かりやすく検索もしやすいためおすすめです。

国土交通省が運営するWEBサイトだから情報量もアクセス数も多い!

一般の方が誰でも安心して不動産取引を行えるようにするため、取引価格情報を提供する「不動産取引価格情報提供制度」という国の制度があります。[注4]

これを受け、不動産取引当事者へのアンケート調査に基づく情報を提供しているのが「土地総合情報システム」です。こちらは国土交通省が運営していて、これまで提供された情報件数は累計約360万件(平成31年1月30日現在)と、情報量も多い安心のサイトです。

アクセス件数も月あたり725万件(平成29年度)と、多くの方が利用しています。

国税庁の「路線価図・評価倍率表」を閲覧して路線価を知る

日本地図

路線価を知りたい場合は国税庁のWEBサイトで「路線価図・評価倍率表」を閲覧できます。[注5]

「路線価」は、道路に面した標準的な宅地1㎡あたりの土地の評価額のことです。路線価と土地の面積をかけて土地の相続税の課税額を算出するために使用され、国税庁が毎年7〜8月頃に発表します。

路線価は、本来は相続税や贈与税の課税額を決めるための指標ですが、土地の価格の傾向を見るための指標として役立てることも可能です。

毎年3月に発表される地価公示価格の8割ぐらいの額が路線価の目安となります。

物件の近くに地価公示価格の調査地点がない場合は路線価をチェック!

一般的に、物件の基準地価を知りたい場合には国土交通省が発表する公示地価を参考にします。しかし公示地価は調査地点数が数万と少ないため、自分の物件の近くに調査地点がない場合があります。

そんな時には調査地点数が公示地価の15倍と非常に多い路線価を参考にしてみましょう。

路線価 公示地価
調査団体 国税庁 国土交通省
調査地点数 約33万6,000地点 約2万6,000地点
使用目的 相続税・贈与税の算定基準 土地取引や金融機関の担保評価額に

福岡の不動産なら最も情報が豊富な「ふれんず」を有効活用する

福岡で売買不動産情報を検索するなら検索サイト「ふれんず http://www.f-takken.com/」も活用しましょう。[注6]

「ふれんず」は福岡県全5,100社が加盟する(公社)福岡県宅地建物取引業界の不動産サイトです。福岡・福岡市・北九州市など福岡県全域の賃貸・売買物件情報を有しています。

下記のような項目を検索可能です。

  • 土地
  • 一戸建て
  • マンション
  • アパート
  • 事業用アパート・賃貸アパート
  • 事業用マンション・賃貸マンション

福岡県の不動産の情報が最も豊富なこのサイトを有効活用すれば、福岡県の不動産相場が分かるでしょう。

「ふれんず市況レポート」を活用して成約売買価格の動きを知ろう

「ふれんず」サイト内でリンクされている「ふれんず市況レポート」では、福岡県内の不動産市場のトレンドがグラフで公開されています。[注7]

地域を選択すると、その地域の数年間の

  • 成約件数
  • 成約価格
  • ㎡単価

をグラフで知ることができます。

福岡県で不動産の相場を調べるなら必見のサイトといえるでしょう。

毎日リビング運営の「売る研」なら福岡の相場情報+地域特性が一目で分かる

福岡の相場を調べるなら、毎日リビング運営の「売る研 https://fukuoka-sell.jp/souba/」の閲覧も欠かせません。[注8]

福岡県内のマンション・一戸建て・土地の売却価格相場が、面積や築年数別の分布表で公開されています。まず売却価格の目安を大まかに知りたい!という方に大変おすすめです。

例えば、福岡市南区であれば、「交通の便が良く、区域の大半が住宅地である」といった地域特性も掲載されています。地域特性は不動産価格に影響しますから是非こちらでチェックしてみましょう。

「売る研」には無料査定もありますから、より確実な値段を知るためには無料査定を利用してみるのも良いでしょう。

不動産を売りに出す時に売却相場を知っておくメリット

不動産を売却する際は、ある程度の相場を把握する必要があります。

売却相場を知っておくメリットはズバリ、「相場が分かると売出し価格を上手に設定できる」ことです。

下記の表をご覧ください。

影響 得or損
売出し価格が安過ぎる 本来売れる値段よりも安く売ってしまう 損する
売出し価格が高すぎる 売れ残ってしまう
大幅な値下げをするしかなくなる
損する
売出し価格が適正 期限までに最高値で売却できる お得!

不動産をその時1番高い値段で売ろうと考えるなら、売出し価格を上手に設定することが重要です。

相場を知り適正価格で売出すことが売却成功の鍵

不動産を希望通りの期限までに希望通りの値段で売るなら、適正な売出し価格を設定することが必須条件です。

ご紹介した方法を参考に相場を調べ、売却の適正価格を割り出しましょう!

参考:
[注1]『REINS Market Information』全国指定流通機構連絡協議会
[注2]『土地総合情報システム』国土交通省
[注3]『不動産取引価格情報検索』国土交通省
[注4]『不動産取引価格情報提供制度』国土交通省
[注5]『路線価図・評価倍率表』国税庁
[注6]『福岡県宅建協会の不動産情報ネット ふれんず』福岡県宅地建物取引業協会
[注7]『ふれんず市況レポート』福岡県宅地建物取引業協会
[注8]『売る研』毎日リビング