不動産売却の失敗とは?【結論:今売らないこと】

失敗

この記事にたどり着いたあなたは、持ち家・相続・共有名義など何らかの形で不動産を所有していて、その不動産を売るかどうか迷っているのではないでしょうか?

もし違ったら、この記事はあなたにとって有益ではないので、他のサイトで有益な情報をつかんでください。
何秒かではありますが、あなたの大切な時間を奪ってしまい申し訳ありません。

 

さて、先日当サイト「売る研」宛てに、以下の問い合わせをメールでいただきました。

質問者
  • 40代前半男性会社員
  • 15年前に福岡の新築マンション(自宅)を購入
  • 家族構成(妻、子供2人)

「コロナの影響で給料(ボーナス)が減り、住宅ローンの支払いがきつくなってきました。堅実派の妻には、マンションを売って賃貸に住み替えようと提案されていますがなかなか踏ん切りがつきません。そもそもローンの残債がある状態で売れるのか、また、売り時はいつなのか知りたいです。」

このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

 

私は経験に沿って返信しました。以下は最後の一文です。

不動産の売り時は、売ろうと思った【その時】です。」

 

記事の信頼性

執筆者:毎日リビング株式会社 代表取締役・宅地建物取引士 上野 健太

現役の不動産業者としての実務経験を活かし、売主の立場で記事を監修しています。
このサイトから多数の査定依頼を受けています。(NHK・経済誌の取材実績も)

 

不動産無料査定申し込みはこちら
STEP1都道府県を選択
STEP2市区町村を選択

 

質問の回答

まずは、いただいた質問の回答をします。

 

住宅ローン残高がある不動産を売れるのか

結論、問題なく売れます。ただ、住宅ローン残高・手持ちの現金にもよります

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

>>住宅ローンが残っている状況でのマンションや一戸建ての売却~確認すべき3つのポイント

 

不動産の売り時はいつ?

不動産を売ろうと思ったその時です。

よく、コロナの影響は?オリンピック前がいいの?などのご質問をいただきますが、そんなの誰もわかりっこありません。ただ、コロナの影響で不動産価格が下落する可能性は高いです。

私が今後の経済状況を予測できるなら、経済アナリストになってます。経済アナリストでも経済状況の予想が当たってませんが・・・
現にオリンピックが延期される、もしくは中止になるかもなんて誰が予測できたでしょうか。

なので、「売ろうと思った時が売り時」という回答になります。

この回答に納得いかない方は、高い確率で一生不動産を売らないと思います。断言します。
もし、売ることがあるとすれば、それは競売にかけられたときです。

不動産の競売に関する詳しい記事はコチラから

>>住宅を競売にかけるのはリスク大!そのデメリットと回避策を解説

 

不動産を売ろうと思ったときの対処法

まずは、複数の不動産会社に査定してもらいましょう。
不動産会社一件一件に電話するのもいいですが、かなり面倒な作業です。

今は不動産一括査定サイトという便利なサイトがあるので、利用しない手はありません。

 

高く・早く不動産を売却できる一括査定サイトは?
不動産の売却をお考えなら、一括査定サイト「不動産売却 HOME4U」をおすすめします。

不動産会社選びで、家は数百万円「売値」が変わります
査定価格は不動産会社によって違うので、高く・早く売るなら、複数の不動産会社の査定価格を比較することが大切です。

参考:【最新版】保有不動産を一括査定!一括査定サイトを利用するメリット・デメリット

 

不動産一括査定サイトってどうなの?

不動産一括査定サイトについての口こみや評判をインターネットで検索すると、すぐに電話がかかってきてしつこい。と出てきます。

「返信はメール希望」と記入したのに電話がかかってきたとしたら、それは問題です。

しかし、査定依頼して不動産会社からの確認やアポイントの連絡が嫌なら、あなたは不動産を売ることに向いていません。あきらめましょう。

「いやいや、ただ単に相場価格を知りたいだけで売るつもりはない」という方もいらっしゃるでしょう。
そんな方には、この情報化社会、インターネットで調べられないものはありません。

下記の記事の要領で調べてみてください。

>>不動産の売却相場を調べる5つの方法を徹底解説!

 

本当に自分のペースで連絡をとりたいのであれば、一件一件不動産屋に電話すればいいだけのことです。

ただ、ハローページで不動産会社を調べるのであれば今のうちです。廃刊になるそうです。

「ハローページ」順次終了へ、130年の歴史に幕

参考:ヤフーニュース

当サイト「売る研」はビジネスとしてサイト運営していますが、それがあなたの不動産売却の成功につながるなら本望です。

売る研のビジネスモデルとは

  1. 不動産売却に関する有益な記事を書く
  2. 不動産売却を検討している検索ユーザーが記事を見る
  3. 不動産査定を依頼する
  4. ・売る研の営業エリアの場合は売る研パートナーズが査定→売却依頼を正式にもらい、売買が成立したら「仲介手数料」をいただいて売上計上。
    ・売る研営業エリア外の場合は提携サイトへ遷移→ユーザーが査定依頼を完了したら売る研に紹介料が入り売上計上。

念のため補足しました。

 

個人情報保護が心配

不動産会社にとって、不動産を査定するのに個人情報の取得は必須事項です。社外に漏洩させるのは論外ですが、どの不動産会社も責任をもって個人情報を保護してくれます。

繰り返しになりますが、それも嫌ならあなたは不動産を売ることに向いていません。あきらめましょう。

もしくは、自分で売りましょう。

不動産を自分で売りたい方は下記の記事をご覧ください。

>>不動産売却を個人で行うことのメリット・デメリットを徹底解説

 

大手も地場業者もやることは一緒【要は担当が信頼できるかどうか】

仕事をする人

不動産売却を依頼する会社は大手がいいのか、地場業者がいいのかというご質問もよくいただきますが、正直どっちでも問題ありません。

重要なのは、信頼できる営業マンに任せることです。

大半の人は、大手企業の方が信頼できるという考えです。安心を買いたいのでしょう。それはそれで良いのではないでしょうか。

確かに大手には高学歴のエリートがたくさんいます。しかし、「学歴」と「仕事ができること」は比例しませんので悪しからず。

強いて言うならば、信頼できる担当を見極める基準は、「宅建士の資格保有者で実務経験3年以上」くらいがいいかもしれません。

もちろん新人でも信頼できる営業マンはたくさんいますが、経験が足りない分不安な場面が出てくるでしょう。それでも上司がカバーしてくれれば問題ありません。

宅建士とは

宅地建物取引士の略称。年に一回の国家試験で50問中35~38問正解すれば合格(難易度は年によります)。

ちなみに私は13年前に、半年間死ぬ気で勉強して一発合格しました。二流大学卒(福岡大学出身の方すいません!)の私でも合格できました。誰でも受かります。

話を戻しますが、大手でも中小企業でも不動産の売却を依頼された業者がやることは同じ、以下の3つです。

  1. 買い見込み客とのマッチング
  2. レインズ・ポータルサイトに登録
  3. 反響があったお客様をご案内

ここで、大手の方が買い見込み客がたくさんいるのでは?と思うかもしれませんが、地場企業と大差はありません。

ただ、あなたが都道府県をまたいで「住み替え」するのであれば、大手をおすすめします

例えば、福岡の不動産を売って東京で新たに不動産を購入する場合、全国規模の大手なら支店との連携ができて売りも買いもスムーズにいきます。

大手に不動産売却を依頼するなら大手6社が運営するすまいValueをおすすめします。

 

5360

 

運命を受け入れよう:まとめ

最後に、私は不動産業者として多数の取引をしてきましたが、その中でも最近の気持ちよかった取引事例を紹介します。

不動産会社を決める基準はやっぱり『人』ですね【福岡市中央区マンション売却事例】

2019年12月8日

記事を読む時間がないという方には以下でポイントをまとめました。

インタビューのポイント
  • 県外に住む娘さんの子育て支援のための住み替え(福岡県の分譲マンションから千葉県の公団)で売却を決意
  • 売却価格は相場に近い金額
  • 福岡のマンション価格が高騰している中で、少し待つ・貸すという選択肢は一切なし。

私が気持ち良い取引だと言う理由は、まずは意思決定の速さ、そしてマンションバブルや景気などの不可抗力は一切気にしないと宣言されたことです。

この取引を終えた後にコロナショックが起き、近隣の中古マンションが売れ残っていることは言うまでもありません。

さいごに補足ですが、質問者のメールに登場した、「堅実派の妻」の愛車はベ〇ツ(Eクラス)でした。
人生いろいろですね。

※質問者は不動産を売ることはやめて、転職活動を始めたそうです。私個人的には良い判断だと思います。
この記事は質問者の了承を得ています。

 

高く・早く不動産を売却できる一括査定サイトは?
不動産の売却をお考えなら、一括査定サイト「不動産売却 HOME4U」をおすすめします。

不動産会社選びで、家は数百万円「売値」が変わります
査定価格は不動産会社によって違うので、高く・早く売るなら、複数の不動産会社の査定価格を比較することが大切です。

以下のフォームからも査定依頼可能です。お気軽にご利用ください。

 
不動産無料査定申し込みはこちら
STEP1都道府県を選択
STEP2市区町村を選択